時代・種類から選ぶ

日本刀の魅力

時代で探す日本刀

時代で探す日本刀 日本刀は作られた時代に応じておおまかに鎌倉・室町幕府期の「古刀」、関ケ原の戦い以降に作られた「新刀」、幕末期に作られた「新々刀」、明治以降に作られた「現代刀」と分けられます。
それぞれ作刀期に応じた特徴がありますし古美術品としての価値も違いますので自分の好みの日本刀の種類があれば同じような時代の物を探してみるのも一つの手になります。
古刀、新刀共に特徴が違いますが例外として幕末期の「新々刀」は実戦を強く意識した反りの浅いものから当時提唱された「復古刀理論」によって古刀の名品に習った反りの深い優雅な姿の刀の作刀が多く成されていましたので作風などは古刀に近い物などを選ぶ事も出来ますし、新刀期の作風のものなど幅広い作風の刀を選ぶ事が出来ますので初めて日本刀を選ぶ場合にはこの幕末期の「新々刀」を選んでみると予算も比較的抑える事が出来ますし古刀や新刀の名作に迫るような思わぬ名品を見つける事があるかも知れません。

種類で探す日本刀

種類で探す日本刀 日本刀は時代を超え受け継がれ現在では、美術品や骨董品として扱われていますが、その人気は国内だけにとどまらず世界中にもたくさんの愛好家がいます。
一言で日本刀といっても、その種類は用途により、いろいろあります。具体的には太刀、刀、脇差、短刀などさまざまな種類があります。
日本刀の一種である「太刀」とは主に平安時代後期から室町時代初期に使用された刀で、刃長は70~80cmほどです。
また「刀」は時代劇に出てくるようなもので、寸法は60.6 cm以上になります。刀は太刀よりも短く、反りも少ないのも特徴です。
「脇差」は、寸法が30.3 cm以上の刀です。脇差よりさらに短いものが「短刀」と呼ばれます。短刀の寸法は30.3 cm以内です。
刀を携帯することが許されない席での護身用として使用されました。
このような種類やそれぞれの用途、歴史などを理解するにつれて、日本刀の奥深さを徐々に感じるようになってくると思います。

新着情報

◎2017/9/22

日本刀の美しさ の情報を更新しました。

◎2017/6/21

歴史に残る日本刀 の情報を更新しました。

◎2017/3/27

日本刀の手入れ の情報を更新しました。

「日本刀 時代」
に関連するツイート
Twitter

RT @warakumagazine: 日本刀は武士の心の支え。 平安時代、馬に乗って矢を射るのが一般的で、実は刀はメインの武器ではなかったのです。 しかし、それを覆し刀を主力の武器として戦ったのが新撰組。彼らの愛刀をご紹介します! とま子🍅 https://t.co/QN4…

RT @warakumagazine: 日本刀は武士の心の支え。 平安時代、馬に乗って矢を射るのが一般的で、実は刀はメインの武器ではなかったのです。 しかし、それを覆し刀を主力の武器として戦ったのが新撰組。彼らの愛刀をご紹介します! とま子🍅 https://t.co/QN4…

RT @warakumagazine: 日本刀は武士の心の支え。 平安時代、馬に乗って矢を射るのが一般的で、実は刀はメインの武器ではなかったのです。 しかし、それを覆し刀を主力の武器として戦ったのが新撰組。彼らの愛刀をご紹介します! とま子🍅 https://t.co/QN4…

TwitterU̐̈t̐̈s̐̈u̐̈k̐̈i̐̈@三日目西ふ10b@kaoism

返信 リツイート 17:56

RT @warakumagazine: 日本刀は武士の心の支え。 平安時代、馬に乗って矢を射るのが一般的で、実は刀はメインの武器ではなかったのです。 しかし、それを覆し刀を主力の武器として戦ったのが新撰組。彼らの愛刀をご紹介します! とま子🍅 https://t.co/QN4…

Twitter古美術 青宝堂@seihoudoo

返信 リツイート 17:54

RT @warakumagazine: 日本刀は武士の心の支え。 平安時代、馬に乗って矢を射るのが一般的で、実は刀はメインの武器ではなかったのです。 しかし、それを覆し刀を主力の武器として戦ったのが新撰組。彼らの愛刀をご紹介します! とま子🍅 https://t.co/QN4…

RT @warakumagazine: 日本刀は武士の心の支え。 平安時代、馬に乗って矢を射るのが一般的で、実は刀はメインの武器ではなかったのです。 しかし、それを覆し刀を主力の武器として戦ったのが新撰組。彼らの愛刀をご紹介します! とま子🍅 https://t.co/QN4…

Twitter江戸切子協同組合@edokiriko

返信 リツイート 17:54

返信先:@ume_szk_bot ゲンコツなんて使うな(ゲンコツ 時代日本刀なんだからさ(一刀両断

現代において日本刀の原材料は何かと調べると真っ先に玉鋼が出るが、この名がついたのは明治に入ってからであり、それまでは刃金や鉄など呼び方が統一されていなかった。実際に玉鋼を原料にして刀が作られたのは江戸時代後期からである。

百田尚樹が書いている通り『南京大虐殺』が大きく取り上げられたのは本多勝一『中国の旅』最初に噛み付いたのが山本七平ことイザヤベンダサン。その時本多が書いた『日本軍将校百人斬り』に『日本刀は2 3人切ると血糊で切れなくなる』。これも嘘。血糊がついても日本刀は切れる。『時代劇の嘘を暴く』

Twittersizuo@Tristesse sans fins des films sans femme@sachikonodanna

返信 リツイート 12:40

我は今の形の日本刀が生まれ出づる時代の剣、言わばここにいる刀剣の父のようなものよ。

Copyright (C) 2016 日本刀の魅力. All Rights Reserved.