歴史に残る日本刀

日本刀の魅力

日本刀の美しさは研師の技量に左右される!

日本刀の美しさは研師の技量に左右される! 日本刀は見ているだけでも美しいものですが、さらに美しさを引き出すのが研師の技量によります。
刀の研ぎと包丁や釜などの研ぎは、ただ刃を鋭利にとがらせて、再び切れるようにするだけです。
しかし、日本刀は刃先だけでなく、刀のすべてを磨き上げることで刀の美しさが出てくるのです。
刃の研ぎをするだけでなく、刀の全部を研ぐので研磨をするも言います。
刀を研ぐにあたり、表面をボコボコにしないように滑らかに磨き上げていくことで、美術工芸品として仕上がっていきます。
また研ぎは、刃だけでなく地に棟、切先を研ぎますから磨き方によっては刀自体を変えていきます。
その業は、熟練した研師の技量にもより左右されていきます。
美しい日本の刀は現在は美術品であり、また居合道や抜刀道などの武道に使います。
居合道や抜刀道などに使う刀は、手入れをしっかりとしていないとサビが出てきてしまいます。
その際にも、研ぎをすることで刀の元の美しい刀身に変わっていきます。

日本刀の美しさが際立つ飾り方

日本刀の美しさが際立つ飾り方 日本刀は刀自体が武器でありながらも、その業の仕上がりから美しいものとされています。
実際に真剣を手にすれば、その輝く玉鋼の鍛えた美しい刃筋と反り、波紋は何とも言えないほど、 美しい日本伝統工芸でもあるでしょう。
その日本刀を美しい飾り方は、人のセンスによって違いますが抜き身にして飾るのであればガラスケースで 保存をすること、さらに鞘も美しい逸品ですから、刀掛けに二つかけて飾ると良いでしょう。
美術館などでは、刀のより美しさを際立たせるために、ガラスケースに入れることはもちろんのこと、 柔らかい照明で刀のもつ、輝きを表しています。
美術館でみる刀は、とても美しいだけでなく、どこか妖しげでありながらもその神秘的な輝きはなんとも 言えないほどです。
ゆえに、多くの人が刀を見て息を漏らしてしまうほど、その輝きに魅了をされます。
より刀を見やすくいていることで、さらなる美しさを引き出しています。
一つ一つの見る場所に、その業と美しさが際立って見えます。

新着情報

◎2017/9/22

日本刀の美しさ の情報を更新しました。

◎2017/6/21

歴史に残る日本刀 の情報を更新しました。

◎2017/3/27

日本刀の手入れ の情報を更新しました。

「刀 技量」
に関連するツイート
Twitter

SEKIROって技量武器とかあるのかしら〜?(の時点で技量武器なので)

これビルドなにか言わないとあかんよね。 一応技量型で、双やアス大は制作済み

返信先:@zinnia_kuro他1人 Hu、Fi、Br(特化):打撃特化マグ推奨 Gu、Ra、Br(弓特化):射撃特化マグ推奨 Fo:法撃特化マグ推奨 Br(両用、特化、弓特化どれでも)、Bo:技量特化マグ推奨 Hr:打撃、射撃、法撃どれかを特化させたマグあればOK Su、Te:分からん!

技量特化の使ってた気がする

「最高の徳目は、忠の求める責務をまっとうすることである。兵卒は、いかに技量に優れていようとも、忠が堅固でなければ単なる操り人形にすぎない。忠を欠く部隊は危機に直面すると、単なる烏合の衆と化す」(『菊と 』ベネディクト、角田安正訳、光文社文庫)

返信先:@Mstimetraveler 風魔法か...流石の技量だっ!(の先を地面に向けるとこちらも竜巻を起こし相殺して

極んばちゃんは常に最前線で戦っているし極の達の中でも一番レベルが高いんだけど、手合せで長義ちゃんと相対すると「あぁやはり強いな」って実感するし内心めちゃくちゃワクワクしてる。膂力じゃなく技量で圧されるとかで、このからもっと学びたい、とか考えてる

Twitter咲都🌸3/31閃華2号館エ44b@82sakuto6

返信 リツイート 3/21(木) 18:50

月喰童子(つきはみどうし) 一人の少女のために造られた大太。己流一式の技に特化したバランスで調整された魔術。広い身幅と長大な身は酷く重く、生半な技量で振るうことは許されない。 信じる者が報われるなどとは口が裂けても言えないものだ。それでも想いを込めるのが人だというのか。

なのであんまり役に合わせて修正みたいなのはしないんだなーと思ったです。持ってる武器もとうらぶみたいに史実に基づくとかじゃないから、特にこだわって殺陣をつけたりしないで役者さんの技量に合わせて殺陣をつけた感じなのかなと思った🤔相変わらず拡樹くんの殺陣は美しかったですわ

2枚以上自分で引くとね、二つで1つの+重火器とかで爆死したり、武器属性不一致でウエイトかけられたりとかザラ。こんな仕様に彼自身はした覚えは無いけど、彼の技量上デメリットが大きく発生しちゃうのです。

Copyright (C) 2016 日本刀の魅力. All Rights Reserved.